カサブランカ国際音楽祭 オープニングコンサート

歴史的な夜になりました。日本人初となるカサブランカでのコンサート。花谷駐日モロッコ大使の御列席を賜り、演奏後にはスタンディングオベーションを頂く大盛況で開幕致しました。武満徹を演奏したあとの静寂からの大歓声。モロッコのテレビ局および新聞各紙からも取材を頂き幸せでした。

Amasia international philharmonicとしての日本人オーケストラ単独演奏が大成功に終わったことも嬉しかったですが、なにより誇りに思うのは、日本から共に渡った仲間たちがAdnane Matorone指揮の世界各国合同オーケストラ公演でトップ奏者を務めたこと。しかもモロッコの音楽で!とくにコンサートミストレスを務めた室井絵里さんは本当に素晴らしかった。舞台袖からその勇姿を見て感動してしまいました。残す三公演も全力で走り切ります。

 

Orchestre Symphonique Universalis
Orchestre Symphonique Universalis

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>