音に音を重ねることは

指揮して六年目になるはずだった福井大学フィルハーモニー管弦楽団。今年はコロナの影響で、残念ながら定期演奏会を開催することが叶わず、春から今までリハーサルも一緒することがないまま冬を迎えてしまった。日本海の魚の身が締まってくるように、寒くなってくると福井大学フィルの音も締まってくる。そんな笑い話を毎年のようにするぐらい、僕の冬は福井大学フィルと共にあった。

エル・システマジャパン音楽監督(オーケストラ)に就任致しました。

昨年8月から12月まで客演指揮者を務めたエル・システマジャパンですが、2021年1月をもちまして、エル・システマジャパンの音楽監督(オーケストラ)に就任することとなりました。日頃から多方面でご声援を頂いております皆様に心から御礼申し上げると共に、これからも一層同団体の発展に貢献できるよう、私なりのチャレンジを重ねて参ります。

Singing and Thinking like Beethoven.

アカデミーヒルズさんでの鼎談を終えました。事前打ち合わせで聞いていた進行と全く異なって、私の持ちパートが全て飛ばされてしまい、準備していた組織論などの話をすることができなかったのが大変に心残りです。今回のために新しい内容を数日かけて準備していたのですが…。せめて、音楽が「橋」であり、世界を知る手がかりになりえるということが伝わっていればと願います。

第6回エル・システマ子ども音楽祭 in 相馬

エル・システマジャパンの客演指揮者に着任して最初のコンサートです。バッハからラターまで、幅広いプログラムでラインナップしてみました。ラターにはジャズっぽいところがたくさんあるのですが、バロックからジャズまで分け隔てなくチャレンジしてみようぜ!という私なりのメッセージのつもりです。

国内盤初のヴィラ=ロボス「交響曲全集」(ナクソス・ジャパン)

ヴィラ=ロボスの交響曲全集がYahoo ニュース(CDジャーナルから)に載る日が来るとは…!12月18日、ナクソス・ジャパンから、ヴィラ=ロボスの国内盤初のヴィラ=ロボス交響曲全集のCDが発売されます。この交響曲全集の推薦文と解説と歌詞の翻訳を書かせて頂きました。