「憧憬と超克の芸術家、貴志康一」

「貴志康一 生誕110年 交響曲『仏陀』演奏会」(with 芦屋交響楽団)パンフレットによせて執筆した「仏陀」交響曲についてのエッセイと、当日の演奏から1楽章の抜粋動画を掲載させて頂きます。執筆・演奏にあたっては、文章中に紹介致しました各研究書を大いに参考とさせて頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

Aber versuchen will ich ihn.

次々に公演が中止となり、いつものように音楽したり移動したりすることが叶わなくなったいま、まるで翼をもがれたような気分がする。日本はおろか、海外でのコンサートもほとんど無くなってしまった。しかし目の前の音楽に全力で向き合うことには変わりない。むしろ今こそ、音楽をどうしていくべきか、音楽を携えるひとたちはどう生きていくべきなのか、現状と未来を強く考えることが求められているように思う。

遊びと祈り、そして永遠 -オーケストラ・ヘリクリサムによせて-

3月8日のオーケストラ・ヘリクリサムさんの演奏会パンフレットに寄稿した文章を掲載させて頂きます。残念ながらコロナウイルスの影響で本公演は中止(無観客での記念収録演奏のみ)となりましたが、この演奏会の魅力が少しでも伝われば幸いです。ほんとうに良い企画、良いチームでした。

危機の自省録

息を整えてお湯を注ぐ。ふうっと膨らんでくる豆に魔術的なものを思う。珈琲を自分でゆっくり淹れる時間すら無くなっていたことに気づく。珈琲は褐色の魔術師。高校生のころお世話になっていた神戸の喫茶店にかかっていた額の言葉を思い出す。泡立ちを見つめるうち、自分の内面と豆の表面が触れ合ってくるような錯覚に陥る。

若人たちの凱歌を聴け-福井大学フィル第67回定期演奏会に寄せて-

福井大学フィルの第67回定期演奏会に寄稿した文章を転載させて頂きます。プログラミングの背景をお伝えすべく、毎年寄稿して今年で五年目になります。お運び頂いているお客様へのメッセージとして、学生たちへの激励として、毎年特別に大切な想いを込めて執筆しています。

福岡にて、プーランクとプロコフィエフ

週末は福岡でヘリクリサムさんとリハーサルでした。プロコフィエフの5番、とんでもない音楽!どの楽章も凄まじいけど、3楽章の和音のプログレッションはもはや正気の沙汰とは思えません。なんという響き!古典交響曲でドミソミ・ドミソミドと書くこともできればこんなビルドアップも…天才という言葉では到底足りません。

財布を忘れて

コンクール審査員のため神戸へ。途中、財布を自宅に置き忘れたことに気付くが、引き返す時間もなくそのまま搭乗。機内からこんな写真を撮りつつ無一文。これぞまさにキャッシュレス生活、流行の最先端を爆進しています。(白目)