福井大学フィル第68回定期演奏会 中止のお知らせ

指揮して6年目になる福井大学フィルハーモニー管弦楽団ですが、今年度(2021年1月24日)に予定されていた第68回定期演奏会は中止となりました。この6年、全身全霊で指導してきただけに、ぽっかり心に穴が空いたような気持ちです。私ですらそうなのですから学生たちにとっては一層でしょう。彼・彼女たちの落胆や悔しさを思うと、悲しくてたまりません。

【就任のご報告】エル・システマジャパン 客演指揮者

2020年8月より、エル・システマジャパンの相馬子どもオーケストラ客演指揮者に就任致しました。20代のころにエル・システマの理念に触れたことは、私が指揮者を志すうえで大きな原動力となっていますが、それから10年近くが経ち、いまこうしてエル・システマジャパン様からオファーを頂くに至ったことを大変に嬉しく思っています。

九州大学芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団第51回定期演奏会

2021年5月30日、九州大学芸術工学部フィルハーモニー管弦楽団第51回定期演奏会を指揮します。芸工オケさんとの共演は、2017年以来今回が2回目!あのときの演奏や学生さんたちとの出会いは今なお忘れがたい時間の一つとなっています。またお声がけ頂き、福岡で一緒できることが幸せでなりません。

この夏のこと

この夏、アルゼンチンとポルトガルとフランスで指揮することになっていたのですが、正式にその全てがキャンセルとなりました。この状況では致し方ないとはいえ、こんなに世界各国の音楽祭から呼んで頂ける夏は初めてだったので本当に残念。この悔しさをポジティブなエネルギーに変えて、出来る精一杯のことをやります。

Brazilian Music @home 第三弾

駐日ブラジル大使館と日本ヴィラ=ロボス協会のコロナ状況下におけるコラボレーション、Brazilian Music @homeも第三作目。今回は、日本ヴィラ=ロボス協会所属でブラジル在住のピアニスト清水由香氏による、 Francisco MignoneとEdino Krieger作曲のピアノ曲が配信されます。

シンフォニック・レクチャー

全4回、福井大学フィルの学生指揮者さん向けにはじめたオンライン講座完結!!ドヴォルザークの交響曲第6番の分析を通じて、楽式、和声、対位法などの基礎までレクチャーしちゃうぞという無謀な内容でしたが、学生たちはしっかり着いてきてくれました。

東京芸術劇場ウインド・オーケストラ・アカデミー 講師対談

NHK交響楽団ホルンの福川伸陽さん、東京交響楽団トランペットの佐藤友紀さん、フルートの上野星矢さん、ソプラノの小林沙羅さんと対談。東京芸術劇場ウインドオーケストラアカデミーの我々講師陣で、スタートアップにかける想い入れや、今の音楽界・これからの音楽界について、忌憚なく意見を交わしました。

巨匠のそばで

「君ならなんとでも生きていけるよ。」山口でアシスタントをさせて頂いたあと、立花隆先生から頂いたこの激励で僕は全ての踏ん切りをつけて指揮のほうへ走った。本当になんとでも生きていけるのか、やってみようと思った。24歳のころだった。