伝統と革新 — 福井大学フィル65回定期演奏会終演!

一年間かけて作ってきた、福井大学フィル第65回定期演奏会、無事に終演しました。アンコールには、ハチャトゥリアン『仮面舞踏会』より「ワルツ」を。

終演後にロビーに出てみると外は真っ白な世界。メインに演奏したシベリウスにぴったりな一日でした。大好きなフランス音楽、サン=サーンス『英雄行進曲』とマスネ『絵のような風景』も好評で良かった。実は今回のプログラムは、福井大学フィルの65年以上の歴史のなかで一度も演奏されたことのない曲ばかりでした。雪の福井でこのメンバーと今回のプログラムを演奏できたこと、幸せに思います。


福井大学フィルを指揮して三年目になります。それはつまり、一年生で入学した学生たちは、三年生で中心学年を担い、(人によっては)引退するまで、僕の指揮でしか演奏していないということになります。

長く続けるからこそ、自分の責任はとても重い。大学から音楽をはじめた人も多いことを考えれば、音楽を好きになってくれるかどうか、人生の一部を預かっているようなものだと思ってやってきました。三年目でどういう演奏ができるかどうかが、「オーケストラを育てる」という意味での指揮者としての仕事の結果だと考えていました。

それだけに、今回の演奏、そして打ち上げで学生さんたちが話してくれた言葉や頂いた色紙は、心に触れるものがありました。三年間大切にしようとし続けてきたことがきちんと伝わったのだなと思えて本当に嬉しかった。カーテンコールで中心学年の学生を一人ずつ名前と共に紹介するというジャズっぽい(?)試みも実現できましたし、終演後、歴代の団長さんやOBの皆さんが駆け寄って来てくれて素敵な言葉を下さったのも幸せなことでした。

本来は三年交代が普通のようですが、ご縁を頂いて、来年もまた福井大学フィルを指揮させて頂きます。長い時間をかけて共に作り上げて行くことができる喜びと醍醐味を目一杯味わいながら、先人たちの良き伝統を引き継ぎ、同時に新しいことにも沢山挑戦したいと思っていますので、これからもどうぞ福井大学フィルにご注目ください。そして皆様、ぜひ福井に遊びに来て下さい!


re

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>